好きなものと、なれるもの(ならずにいられないもの)は違う、ということ/一日一筆

万年筆

一昨日の一日一筆です。

 

 

かなり思い悩んでいました。声も出ないし、好きすぎるものは溢れるし←

 

音楽の「あこがれ」は、自分にとっては恋愛に近いのかもな、という、ある意味あたりまえの感想。

絶対に成れない、私にないものだから惹かれる。
惹かれた瞬間に、それは私には「できないこと」だとわかる。(技術の問題とかではなくて)
でもそのことにガッカリしなくていいんだなって。

相容れないから重ねたくなる。
そういうこともある。

やっぱり恋愛のようだね。

コメント