そんな私の唯一の共感性(サブタイ:いろんな機能をためしています。ちょっとずつ…)

思うこと

こんな記事を書きました。

人は「正確なこと」ではなく「既に自分の中にあること」を言語化してもらいたがる

…そんな私が唯一、だいたいおなじボリューム感で人と分かちあえるのが、どうやら「笑い」のジャンルらしいです。

なので、笑かすの大好き。

バンドメンバーにも「芸人認定」されている…(本物の芸人さんに謝れ)

自分は面白いことは何も言えないのだけど、人のツボに入りそうな面白いものを見つけるのは、けっこう得意だと思う。

それに、笑いはいい意味で「肩すかし」になってくれるからね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました