書く場所があるということ

思うこと

blogをはじめて数日が経った。

「ヨタヨタ走り」ながらも、運用しはじめてみるとやっぱり楽しい。一日中blogネタを考えていると言っても過言ではない。
そもそも、元々一日中なにかは考えている。
それが、捌け口を見つける。

 

 

とにかく、書く場所、形にする場所あわよくば読んでもらって発散できる場所、さらにあわよくば、だれかの役に立つかもしれない場所…というのはありがたい。

一方で、ノートにひとりで書いている時間も好き。勝手に掘り下がっていってくれるあの感じ。

昔、はじめてホームページってものを作ってみた時のことを思い出しています。

メジェ
メジェ

100の質問とか、前略プロフとかあったよね

その時も、自分だけのスペシャルな部屋が出来たような気がして嬉しかったんだなぁ。
部屋というより、展示場?ひとり展示場?かな。

…それから瞬く間に時代は変わり、ずいぶん当たり前になり、密着度が上がったものだ。

ひとは基本的に、(どんな内気な人であっても、なんらかの形で)人と関わっていたいし、なにかを発していたいし、だれかと共有したいものなのだ、と思う。

これまでは、書きたいことは山ほどあれど、だいたいSNSに垂れ流して終了していた。それもそれでまた楽しく。

そう、TwitterもFacebookも、楽しい。
私にとって、いわゆる「SNSの煩わしさ」はほとんどないに等しい。否、あるのだけど、だいたい自分の中で対処できているという感じか。

雑多さに圧倒される・振り幅に圧倒される、という点を除いて、いわゆる人間関係の部分の煩わしさは皆無といっていい。それなりに、病まずに付き合う方法を身につけられたということなのだと思う。
基本投げっぱなし、レスポンスはゼロスタートで考えているので、放置されてても気にならないし反応があると100で喜べる。なかなかお得な性格になってきたと思う。

まれに「あぁ反応貰えなかったな」と思うことがあればそれは「反応をくれなかった人々」ではなく、自分へのフィードバックになるだけなのだ。おもねったな、迎合したな、期待したな、という。
(べつにそれも悪いわけではない。結果を自分で請け負うだけのこと)(落ち込み、というのは、自分の構えをはかるバロメーターになるものだな、といつも思う。)

ともあれ、
流すだけでなく、こういう形で蓄積されていくものもまた、よいなと。

せっかく独自サーバーではじめたので、ジャンル問わずいろんなことを記録して、なにかしら人に楽しんでもらえる形で発信できて、それが自分史にみたいになっていくっていう感じになれば、楽しかろうね。

コメント