慣性の法則:動き続けているのも、止まり続けているのも

日記

まだまだ、落ち着かない日々が続く。
満たされているのかどうか、考える暇もないような感じがしている。
ほどほどに休みたいけれど、なかなかタスクが全部終わってくれない。

ぷよぷよで全消えしたときの快感を、はやく味わいたいものであるが、「そうなるまで休まない」というわけにもいかないので、ほどほどに休憩しつつ、ね。

忙しさに、心を亡くしていないか、という、使い古された問いを。

ふと気づけば、みんな連れ立ってどこかに行ってしまっていて

誰かに取り残されてしまっているんじゃないか、とか

誰かを取り残してきてしまってるんじゃないか、とか。

 

不思議なことに、何にもしなかった、時間が止まってしまったような一日にも、忙しくてゆとりが持てないような時期にも、同じようなことを感じるんだね。

コメント