と、いうわけで、折れてはいなかった(推定)けどヒビが入っているっぽい(推定)/なってみてちょっとだけわかった不便なこと・便利なこと

怪我

推定だらけですみませんぬ。お騒がせのhaLuna(@halunautausagi)です。

しかし固定が必要なことには変わりなく、なにかと不便ながらも発見の多い日々を過ごしております。

 

最近の固定器具は取り外しできるんですね。
石膏? って何人かの人には聞かれましたけど、何やら布にくるまれた板状の不思議な物体が、固定したい腕の形にうまいことフィットして固まる的なやつ(?)で、しっかり支えられながらも入浴時には外せます。
通気性もある。
固定しておけばあまり痛みも出なくなってきました。

 

スポンサーリンク

 

ところで、いざ片手が使えないと思ったより出来ないこと、たくさんあります。

・片手を使うとそれでもう手が塞がるしバランスがとれないので、よろめくとけっこう危ない
・傘さすとあぶない
・傘のバンドをとめるのが難しい
・料理はできない
・洗い物もできない
・服の脱ぎ着はできるようになった(ホックのない下着万歳)
・薬をプチって押し出すのが意外と難しかった→口を使えばできる
・ペットボトルのキャップは開けられる
・髪の毛を結ぶことが出来ないので、最初の何日かは顔を洗う度髪までびしょびしょに。→クリップ買ってきた
・化粧水は手のひらに出してつけるタイプのだと不便(右手で蓋開けて右手に出して右手だけで塗って、ってなる)→スプレーボトルに詰め替えた
・爪は切れない(そして、ひと月以上前のジェルネイルオフしたいけど放置するしかないww)
・洗髪は片手でなんとか
・背中が洗えないなーと思い、そこで意気揚々と「柄付きのボディブラシ」を買ってきたのに、使ってみてはたと気づいた。あ、右手で、右手は洗えない……。
・電子マネーがめちゃめちゃ便利。親指で全部済む。
・予測変換って助かる
・Simejiには片手打ち用がある
・コンビニの店員さんはだいたいやさしい

 

あ、Simejiの片手打ち用ってのは、こういうやつです。

 

 

スポンサーリンク

 

あと、ブログ書くのはまあまあ大変だw(フリック入力も片手ではやりづらいうえに、私は電話とスマホ操作は全部左手左耳でやる人)

 

それでも私の場合は指は動かせるし(握るのは痛くてできないけど、挟む程度ならできる。UFOキャッチャーのアームくらいの強度←)
完全に使えないというわけではないので、だいぶ出来てることは多いと思います。痛みもだんだん引いてきてはいるしね。
でも、ちょっと使えないくらいでもこれだけ出来ないことがあるんだなーと正直意外でした。
なってみないとわからないものですね。
腕が使えなくなるほどの怪我をするということは、腕だけを傷めているわけではなくて、怪我した時の衝撃で少なからず全身やられてるものなんだな~ということとか。一時的に、すごく疲れやすくなってしまうとか。

怪我をした日に訃報が入ってきた、樹木希林さんの言葉に「なんでも面白がって」とあったこともなんだか心に残っていて、だもんで、しばらくはそんな感じで過ごそうと思っております。

コメント

タイトルとURLをコピーしました