睡眠不足??

ライフハック

こんばんは。寝不足なのになぜか元気なhaLuna(@halunautausagi)です。

 

一昨日の夜はなんやかんや作業をしていて2時間ほどの睡眠、

昨日はそのまま編集と校閲一日締め切りに追われて、夜には課題の提出やらなんやらがあって。

昨日は爆睡するかと思ったけど、意外に早く起きられてしまった。

 

 

そのまま日中も眠くならない。もしかして、ロングスリーパー脱しつつあります?

というか、ちょっと自分でも最近感じていたことがある。
それは、起きている時間に脳の無駄な挙動が多すぎるということ。いろいろ考えが巡ってしまって常に頭が働いてしまう、ということは前から感じていたけど、それ以上に、「あれやらなきゃ、これやらなきゃ」って気になっていることで食ってる脳のメモリがすごいぞ。
そりゃ、処理落ちもするぞ。
しかも、動いていても何も生まない挙動だっていうね……。

ただ、手帳の使い方というか、ToDoリストに特化してノートをつけ始めたのが数日前。

たしかに、タスク的にはしんどい二日間だったのだけど、気がついたら思ったよりスムーズに片付いてくれた。待ってもらった案件もあるけれど、その連絡も含めてスムーズにできたと思う。この日に関しては間違いなく、この手帳の書き方で頭の中がパニックにならなかったおかげ。

手帳は外付けHDD、とはよく言ったものだなあ。
頭の外に出して整理しておくだけでこんなにクリアになるのか……と思っていたら、睡眠時間まで少なめで済んでしまった。
これはまだ、一時的なものとかたまたまとかったりするかもしれないので、引き続き要観察だけど。

 

 

いま、バレットジャーナルの変形みたいなノート(手帳)の使い方を考えています。
バレットジャーナルはとても好きなのだけど、一旦止まるとやっぱり更新がグダグダになってしまいがちだったり、書こうと思った時にまずフォーマットから書かなきゃいけなかったりすると手が止まってしまったり、日付が飛ぶのが許せないタイプだと辛かったりするのも事実。
ある程度、ゆるい枠というかフォーマットがあるほうがやりやすい人もいるのではないかなと思う。というか私がそうかも。

 

来年の手帳、これの他に最低もうひとつを合わせて運用する予定なのだけど、
手帳歴約7年、うち片思い期間7年(笑)の私にしては、初めて、ようやく、使いこなせそうというか、「手帳を使う」ということの地に足のついたところが見えてきそうで、いつになくワクワクしています。

そして、こんだけ手帳とおつきあいが長くて今更感がありすぎるけど、
手帳とうまくやれるようになると、それだけでいろんなことがうまくいくようになるのかも……というここ数日の実感。

 

引き続きレポートしていきますね!

コメント