そろそろ、帰るよ。

思うこと

音楽をつくるよ。

 

半年くらいたっぷりお休みした。歌は歌っていたけど。

 

なんか行き詰まって、スランプっていうのとも違う、

それよりずっと手前のスタートで間違って入ってしまったみたいな、そんな据わりの悪さがずっとあった。

 

しっくりくる形がどうしても見つけられなかった。

人の手を借りることも考えたけど、

ただ「借りる」のじゃなく、自分の色があって、

それで人の色と重ねなくちゃ意味がないんだって思い直している。

 

でもこの半年で、なにかこう、自分の底みたいなものが少し変化して、

言葉へのアプローチも変わって、

いろんなパラメータの経験値を積んでこられた気がしているので

 

前よりももっと音楽で「自己開示」していけそうな気がしているし、

前よりも少しは自分の音楽を愛せるような気がするのだ。

 

 

思いひとつ。心づもりひとつ。

それがどんなに難しいことか、きっと誰もがよく知っている。

 

半年前よりも、(「なにかを目指す人」として、「もがく人」として)一人じゃないという気はするし、それはきっと気のせいではない。

私の感じている「手の届かなさ」がどれほど普遍的なものだったか、ただの言葉ではなく皮膚感覚としてわかり始めている。

なにかを発して、それに応えてもらう嬉しさも、役に立ったり喜んだりしてもらえる実感も。

確信をもって拡げていけるのかな、と思っている。

 

今朝見た朝焼け

コメント