9月っていうとテンションが上がる、私たち手帳族。/来年の手帳その1「日の長さを感じる手帳」

手帳

8月が半ば過ぎるとはや寂しくなる。

入道雲のむこうに見える空の高さや、セミの鳴き声のかすかな変化、僅かにその手を緩めるような気配を見せる日射しに気づくと、あれほど疎ましかった暑さにも、どことなく、うしろ髪を引かれるような思いに駆られるのだ。

夏はあっというまに過ぎ去ってしまう、その暑さに灼かれているうちに。
まるで青春時代の熱情のように。

 

✼••┈┈┈┈••✼••┈┈┈┈••✼

 

……そんな8月が終わると、少し憂鬱な気分を吹き飛ばすお祭りがはじまる。
翌年の手帳が、いっせいに売り場を彩る季節がやってくるのだ。
手帳族にとって、9月はいわば、春といっても過言ではない……。

そんなわけで、私が選んだ手帳、第一弾はこちら。

 

 

「日の長さを感じる手帳」by Midori

これは、一足先に手帳イベントに行ったという方のツイートを見て、実物を見もせずに購入してしまった。
大きさはB6、以前に使っていたことがあるサイズ感なので使いやすさはわかっているし、

それになんといってもあのトラベラーズノートのリフィルやMDノートをリリースされているMidoriさんの手帳とあれば、紙質も折り紙つき。

というわけで、堂々の見切り発車です。

 

 

早速届いたので、中身をご紹介します。

 

見返しの部分がまた、ちょっとシワのある高級感ある紙なのがよい。

 

基本のフォーマットはマンスリー+24時間バーチカル

 

まず、日の長さがある程度忠実に反映されているのだろうか?というところが気になっていたのですが、この通り!

(実は買ってしまってから気がついたのですが、公式ページにも「週間ページは、日の長さがグラデーションで表現されたフォーマット。ページをめくるたび季節の変化を教えてくれます。」とちゃんと書いてありました……笑)
これはジブン手帳でも採用されている試みでしたが、個人的にはこちらのほうがゆったりしていて紙にも趣があって好き。実用を超えた情緒をより感じさせてくれる気がします。
一言でいうと、萌えです。

 

ウィークリーページの「日の長さ」もですが、マンスリーページに月齢もしっかり表記されているのが個人的にはとても嬉しい。テンション上がる!

 

巻末ページのリストや便覧も、「季節を感じる」要素いっぱいです。

 

 

 

✼••┈┈┈┈••✼••┈┈┈┈••✼

 

今年は早々に、こんなどストライクな手帳に出会えて、今から使い始めるのが楽しみ……。

ともすればすぐに「【悲報】一年の1/4終了のお知らせ」などと言って、節目節目をなかなか能動的に過ごせない私たち。
今年はさらに「平成最後の夏終了」ときて、憂鬱もひとしお? などと思ったりしながらも、やっぱり手帳の季節が来ると、そういうことは忘れて楽しめてしまう。

そう考えるとなんだか、ちょっとお得な趣味を持っている気がしてきます。

そう、手帳族はいつだって、わくわくと未来を見ているのだ。

 

まぁ、こうして秋口には“手帳の春”がやってきて、そのお祭りが年が変わるぎりぎりまで続いたかと思えば
年明けとともに「4月始まり手帳」の季節が幕開け、
そうこうしているうちに夏には「10月始まり手帳」の罠があって……
そんなふうにあっという間に一年はめぐる。常春の国の住人、手帳族なのでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました