社会人になってしばらく間違っていたこと。

メンタル

私はその昔コンプレックスの塊で、それも具体的にこれについてというより、ふんわりと「社会性がない」「人と同じに、人並みのことができない」というコンプレックスを全方位的に発揮していて、そして、そのまま社会人になった。

そんなふうに社会に出てしまったので、とにかく(人からどう見えていたかは別にして)卑屈からのスタート、だったわけだ。
就職したのが某田舎(地元ではない)の某企業で、地元の子ばっかりが働く中でたった一人、親元から離れて(要は、少々の扱いをしてもそうそう親が出てこない)、しかもおどおどした子が入ってくれば、人の鬱憤はそこに向きやすい、ということは今ならわかる。
店長がとんでもないいじめっ子で、その店長が率先していじめをしたり、仕事を与えなかったり、臭いと言ったりトイレに行く回数をチェックしたりするものだから、先輩も同世代も、パートさんまでもが標的にしてくる。

そのときにひたすら言われたのが
「気が利かない」
「空気が読めない」
「社会人としておかしい」
だった。

私はその時期に「発作性上室性頻拍(PAT)」というものを発症して、循環器科のICUに3日間入院したのだけど、
退院するとなったとき、すぐに社長が車で迎えにきて、家にも帰らせてもらえずシャワーも浴びていなくてベタベタのかっこうのまま、とにかく職場に連れて行かれ、
そのまま「ご迷惑をおかけしました」と一人一人に頭を下げさせられた。
その時でさえ「体、弱すぎるんじゃないの」「社会人としてなってないんじゃないの」と半笑いで言われたのだけど、当時の私は「迷惑をかけてしまった」という自己嫌悪でいっぱいで、恥ずかしくて情けなくて、
それらの暴言(だよな、今考えたら)を全部、助言として、ありがたく受け入れこそすれ反発するなんてとんでもないものとして受け入れた。ひたすら謝った。
3日間、脈が190から下がらなくて、ひと晩超えたあたりから嘔吐が止まらなくて、食べるどころか眠ることもできないでいた、その翌日であっても、

そうするのが社会人だと教わった。

3年、その職場ではがんばった。
(ちなみに私の後は、入れ替わりで入社した40代の男性がターゲットになり、はじめはなんとか一生懸命がんばっていたものの、一ヶ月もたなかったと聞いた。
自分より年下の店長にめちゃくちゃにいじめられて、本当に泣きながら社長に訴えてから辞めてしまったそうだ。気の毒すぎる……)

スポンサーリンク

転職してからも、その頃に培った
「社会人なら、どんな助言もありがたく受け入れるべし」
という認識は健在で、
ある時やっぱり唐突に、飲みの席で年上の(だけど、上司でもなんでもない)人から
「あなたはダメ。社会人としての常識がない」
と言われた時も、もうほとんど条件反射的に
「私のどういうところがダメでしょうか。よかったら、教えていただけませんか」
と敵意なく返してしまった。
本気で直そうと一生懸命聞いてみても、どうも具体的でなくて、はっきりしなくて、ただ「言われてわからないということは、私はやっぱりだめなんだなあ」と思い、ひどい自己否定感だけが残った。

今にして思えば、その人は「常識がない」と言うに至った事柄について当事者でもなく、私が連絡や報告を欠かしていなかったことも知らなければ、ただ見えたことの印象でものを言っただけで、
そこに具体的なアドバイスもなければ愛もなかった、と思う。
そして、私も私で「懐に飛び込んでいくポーズ」を取ることで、必死にアピールをしていたにすぎない。何が悪いのかもわからないまま、私はだめな子じゃないと思われたかったし、自分でも思いたかった。まさに、心の底から「隷属」していたのだと思う。

世の中には愛のある人もたくさんいる。同時に、無責任に好きなことを言う人だって山ほどいる。

多様性が叫ばれるこの時代なので、今なら言える。

「社会人なら、どんな助言もありがたく受け入れるべし」
ではなく、
「社会人なら、卑屈になってはいけない」
こっちのほうが、ずっと大事。

自分で自分のことを下げてはいけない。
嗜虐性を選んで飛び込んでいってはいけない。
新人だろうが中堅だろうが、自分という人間を誇ることや、大切に思うことを害されてはいけないし、価値観や自尊心を誰に対しても明け渡してはいけない。
素直であることと卑屈であることは全然違う。
素直であることと盲目的であることも全然違う。
新人であることは愚かであることではない。
消極的な没コミュニケーションは美徳でもなんでもない。
そして、友達だって親だって、究極は、自分とは違う人間。
謙虚であることは大事だけれど、卑屈になっちゃだめ。
社会人になって「保護者」の手から離れて、自分の身を守るのも自分、になっていくからこそ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
メンタル 健康
スポンサーリンク
halunautausagiをフォローする
スポンサーリンク
haLuna's Journal

コメント

タイトルとURLをコピーしました