日常

思うこと

言葉の正しさ、文章のルール。よもやまない話

コラムでもなんでもないっすよ。 なので、よもやま(ですら)ない話。 ライティングの基礎を、一応は学んだので、三点リーダー(…)を単体で使わなくなった。 ライティングを学ぶ前、あるところで、三点リーダーの単体使いにつ...
思うこと

ちょっとくらいのこと、もういいやんって、そんなふうに思うときがありますね。

よしんば、たとえ、ですよ。 ちょっと性格に難ありとか、ちょっと挙動に難ありとか、(いや、私もそうやん) ちょっとカチンとくること言われたり(言ってしまったり) この人気に入らんな、はなから気が合わなさそうやなって避けてた人とか、い...
思うこと

地味で壮大な目標がありました。/通算100記事、今感じる「ただ書く」という行為が持つ大きな意味。

ただ書くというそれだけのことが教えてくれた、いくつものこと ひっそりと掲げていた目標 昨日のこの記事で、haLuna's Journalちょうど100記事目だったようです! そして、継続更新は53日目。 ...
思うこと

書く言葉にも「タイミング」がある。

「いま」と思った言葉は「いま」書いてしまわないと、後になれば必ず色あせてしまう。 私の場合はそうだ。 一日二日寝かせて、「こなれる」ことはほとんどない。 そうして、下書きのまま流れていった記事がいったいいくつあることか。笑 ...
思うこと

自分の「受け入れ難い感じ」に与する。

心地好いものに対してよりも、「これは、嫌だ」と感じることに対してこそ、自分のパーソナリティは表れるのかもしれない。 違和感や、引っかかりや、ざらつきや、そういうもの。 私は「これは、嫌だ」と思うことや、「承服しかねる」ことや...
思うこと

怪我にかまけて何も出来ていない、と捉えることも、そうではなくて代わりの貴重な経験をしていると捉えることもできる。

そしてそれは、どう捉えるのが正解であるという話でもないのです。 死ぬこと以外かすり傷、という言葉を、とある方のblogで見ました。 それは励ましになることもあれば、人を追い込むこともある言葉。(ってか、励ましの言葉って総...
思うこと

「身一つ」に立ち返る日

私が腕を負傷してから、結構いろんな人が「私も前に~」って体験談を話してくださっていて、それを聞くと全治何ヶ月とか入院したとか手術したとか、私より俄然大変そうで(そりゃそうだ、わたしゃコケただけ)、 けっこうみなさんやってるんだなぁ……と思...
思うこと

世の中がやさしくなくなっていく

強制的休日の巻。 ん、人間、休まなければならないとなると、 それまで「やらなきゃ」「これは外せない」と思っていたようなことも必然的に諦めなければならなくなって、 そうすると、きっと本当に必要なものだけが...
思うこと

ひとまず

締切おわったーーー! 一山越えたーーー(ばたんきゅ すみません、こんなしょもない日記の日もあります。 今日はとても嬉しい日だったな。 永遠とか絶対とか、自分が善意の存在であるということ...
思うこと

「羨望」とどう付き合いますか?・改

きっとこれを読んでいるのは、何らかの目標を持っていたり、スキルを高めたいと思っていたり、あるいは言葉を使ってもっと何かを表現したい、と考えている方だろうと思う。 誰かになにかを伝えたい。 人の心をふっと楽にしてあげたり、勇気づけたり、そ...